洲崎鋳工株式会社 | 高品質の鋳物、オートリール(ケーブルリール) | 京都
本社 京都市下京区梅小路西中町82
鋳物     TEL. 075-313-6187
オートリール TEL. 075-314-4760
Home

概要
豆知識
技術資料

概要
導入事例
インバータ式
開発物語
カタログ
カボテック
(CAVOTEC)

会社概要
問合せ先
アクセス
会社沿革

資材調達

Home > 会社情報 / 会社沿革

会社沿革


1929年
(昭和4年)
8月 京都市下京区梅小路東町80番地(現在精密機械部所在地)において、洲﨑志郎の個人営業にて銑鉄鋳造業を創業、洲崎鋳工所と称す。
1936年
(昭和11年)
8月 大阪市城東区今福北2丁目5番地(現在洲崎鋳鉃株式会社所在地)に工場を新設、洲崎鋳工所大阪工場とする。
1940年
(昭和15年)
4月 京都市下京区西七条南中野町40番地(現在精密機械部第2工場所在地)に木型工場兼倉庫を新設。
1946年
(昭和21年)
4月 京都市下京区梅小路西中町82番地(現在本社・本社工場所在地)に工場を新設洲崎鋳工所第2工場とする。
1947年
(昭和22年)
7月 洲崎鋳工所は経営規模の進展に伴い解消、洲崎鋳工株式会社を設立し、代表取締役社長に洲﨑志郎が就任する。
1952年
(昭和27年)
9月 本社工場内に機械工場を増設し、主としてVプーリーの仕上加工をする。
1962年
(昭和37年)
12月 機械工場を南中野町40番地の新工場に移転、精密機械部として本格的に機械加工部門を設ける。
1963年
(昭和38年)
1月 スザキ式オートリールを開発、市販開始。
1973年
(昭和48年)
6月 大阪工場に3トン低周波誘導電気炉設置。
10月 精密機械部を東町80番地に移転、オートリールの増産体制を整える。
1975年
(昭和50年)
12月 洲﨑志郎の会長就任に伴い、洲﨑和雄が代表取締役社長に就任。
1981年
(昭和56年)
3月 大阪工場にフラン自硬性造型設備設置。
5月 本社工場にフラン自硬性造型設備設置。
1982年
(昭和57年)
5月 本社工場に3トン低周波誘導電気炉設置。
1985~86年
(昭和60~61年)
瀬戸大橋架橋に伴う、移動橋梁検査・測定機器用に弊社オートリール納入。
1992年
(平成3年)
2月 大阪工場に発光分析装置設置。
1993年
(平成4年)
7月 福岡ドームにオートリール納入。
2006年
(平成18年)
11月 本社工場に発光分析装置設置。
2008年
(平成20年)
10月 洲﨑和雄の会長就任に伴い、洲﨑章弘が代表取締役社長に就任。
2011年
(平成23年)
9月 大阪工場の代表取締役社長として洲﨑静男が就任。
11月 京都中小企業優良企業表彰「ものづくり部門」を受ける。
2013年
(平成25年)
7月 大阪工場を洲崎鋳鉃株式会社として分社。

このページのトップへ